読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FRUITS TIME

肉片

12/14

 

最近みじかい距離でも走って移動する。

 

ともおちゃんとsyrup16gを観にお台場へ行ってきた。急遽貰ったチケットで本当に恐縮だけどとてもいい時間だった。ちゃんと時間が自分の体を無視して過去の方向にも動き、自分ひとりで聞いていたCDそのものから流れるみたいにそこにあった。神のカルマ聴いたら泣くな〜って話してたんだけどほんとに泣けた。不眠症がかかった時も昔の自分に覆い被さるみたいに音楽が流れてきて、こういうときの体と心のちいさいすき間にわたしが好きだったものが見とめられる気がした。

 

帰りゆいなちゃんに会えて、ゆいなちゃんとも少しだけ話した。長い月日が頭の上で直立して、こんなに生きてきてしまった自分のこととても恥ずかしく思った。恥ずかしい…。こんなにいつも恥ずかしいのになんなんだろう。あの頃わたしは自分の思ったことゆいなちゃんに全部話していて、ゆいなちゃんは怒ったり呆れたりせずただただ聞いてくれた。ゆいなちゃんも話してくれてそれが嬉しかった。

 

syrupのyou say noを聴いた。銀座で真面目な顔して歩いていたらおばさんに道を聞かれて新橋から東銀座まで仲良く歩いて帰った。

手なんか全く荒れたことなかったのに2年くらい前から乾燥して痛むようになった。こんなことなかったのにって思うことが多々ある。それがどうしてもさびしい。こんなことなかったのに