FRUITS TIME

肉片

つばき

 

つばきというバンドが昔から好きだった。昔っていうのは高校生の頃くらいでよく聴いていた。引っ越してCD整理をしていたら覚醒ワールドというアルバムが出てきたのでCDプレイヤーでかけようと思ったが、ちょっと面倒だったのでyoutubeでそのまま数曲かけていたらコメント欄に「生きているうちに出会いたかった」「RIP」「一色さんこれからも大好きです」等のコメントをみかけて、え、まさかと思ったけれど一色徳保さんは亡くなっていた。一年前に。脳腫瘍で享年37歳。わたしはほんとにつばきが好きだったのに、どうして一色さんが死んだことを知らなかったんだろう?

 

https://youtu.be/1ULCw6DeBC8

 

岡本さんと結婚していたことも知らなかった。なんにも知らない。病気がわかって最初の頃の闘病中一色さんが入院し、手術を終えた後のブログを覚えている。わたしは看護師になる前で、入院もしたことがないし手術も受けたことがないからこのブログに書いてあったことを覚えているんだと思う。術後は寒くて体が震える。「ほんとうに誰でもいいから手を握ってほしいと思った。恥ずかしいが姉に握ってもらった」のようなことが書いてあって、自分の親も入院手術したとき同じようなことを言ってわたしに手を握らせたことがあったから印象に残っていたんだと思った。

 

こんなに好きだったミュージャンが死ぬのは志村正彦氏以来久しぶりで、しかも一年も知らずにいてとても悲しい。ほんとうに好きでした。つばきとてもいい曲ばかりです。わたしも生まれ変われたならつばきのメンバーが良かった。心から動物を愛し、その死を悼んでくれた。いつか東京にいたらふとしたきっかけに見ることができるだろうと思っていただけにそういう認識では振り返った時に何もないのかもしれなかった。悲しい。人は死ぬのに好きな人は死なないと思っているのかもしれない。

 

https://youtu.be/e38hGF3Dgo8

 

音楽は(もちろんルックスも含む)総合的要素で聴いていると思ってはいるけどやっぱり歌詞に重きを置いてしまう節があって、そういう面倒な批評精神のまったく上を行く、つばきの歌詞とても好きでした。こんなふうに生きれたらと思っていた。「君がいなければ」の歌詞を貼ります。

 

一色さんへ    安らかに

 

君がいなければ

 

今日は外に一歩も出なかった
何処にも行かないでずっとボーっとしてた
そんな日の夜は決まっていつも世界と切り離される
この住み慣れたアパートの部屋だけが
宇宙の隅に飛ばされて 当てもなく漂ってるんだ

目の前にあるパソコンも携帯も
ここじゃ繋がらないただのプラスチックさ
そして僕はひとりぼっちで目を閉じて耳を塞いで
忘れようとしたり心に刻もうとして
分かんなくなって沈んでく
ねぇ これからもずっとつらいままかな

君がいなければ いなければ いなければ
いなければ いなければ いなければ
いなければ いなければ いなければ
いなければ いなければ つらいままかな

夜は宇宙の隅で行ったり来たり
それでもここにも光が射して
頼みもしないのに世界と繋がる朝が来る
ねぇ どんな今があった 君がそばにいれば

君がいなければ いなければ いなければ
いないから 目を閉じて 耳を塞いで 深く沈むよ

目を見せて 声を聴かせて 抱きしめて 抱きしめさせて
夢でもいい なんて言葉は むなしいだけ むなしいだけ

 

 

5/19

 

 

f:id:anataniha:20180519224014j:image

仕事が17時に終わったので即引き上げて、花のズボラ飯で見たインスタントラーメン野菜炒めのせ作ろと思って材料買って帰ったら眠くなってそのまま寝てこの時間になった。tenniscoutsのCDをOGRE YOU ASSHOLEのworkshop2に変えて部屋にかける。うさぎと5分くらい戯れる。うさぎが静かにしているのをじっと見て、またベッドに戻る。CDが終わったので部屋も静かになった。新居に引っ越してから結局テレビ線が見つからな無くてテレビつけてない。テレビがつかないなと思って、自分で持ってる漫画や本を読み直したり、買いたいものが山ほどあるのでリストを作ったりした。ベッドに横になって昨日のライブぼんやり思い出す。OGRE解散したら泣いちゃうな…同じセットリストでも全然いいし月一くらいでコンスタントに見たい…8年くらいチミチミとライブに行き続けてるのOGREだけだった。 

 

部屋がわたしを嫌がってない部屋が久しぶりだ  どこ行ってもこれはまあ最初だけなのかもしれんけど部屋に嫌がられてるなって思ってた   いろんな部屋でぼーっと考えごとなりなんなりしていたけど結局どんどん部屋に嫌われて家にいるのに帰りたい状態になっていく

 

贅沢しきりだ  わかんないけどやっぱりすかすかしてそれがいいような悪いような感じがする ほんとに家そのものみたいな気持ちがほしいからうさぎのおしりの刺青いれたい  おしりじゃなくてもいいんだよ

4/16

 

f:id:anataniha:20180417033122j:image

 

なんとかしないとなって気持ちが良くない方向になる。よくよく思い出すと大事な人達はいつもわたしにだけ自分の、たぶん他人にはみせないような部分をみせるのね…  特別だからとか好きだからとかではなく、そのくらいわたしの見ていられないところを見ていられなく本音が出てるのやと思う  結局のところ人を怒らせる癖が治らず、怒られかたも治らないまま………

 

それでも毎日薬で少し楽になるみたいな、薬が買える生活みたいなものに憧れて、明日がきても歳なんかとっていないようにふるまってるのかもしれん…

関係ないけどツタヤディスカスむかつきます  はよ見て返すぞ

2/11

 

20そこそこの頃は自分の気持ちを誰もわからないと思っていたしそれが不幸の温床だったけど、今は誰かにもう少しわかってもらえないんだろうかってことばかり考える  寂しさからとかではなく 自分もそういうふうに他人を意識してる  他人にとっての自分の気持ち

 

わかっているところもあるのに、覚めかかっていても覚めてこない  でも人生が一回だけならわたしにとって  

 

お気に入りのじいさんが死んだ  わたしのチョコパイを半分勝手に食べたじいさん  かわいい死に顔  ゆくもののかんばせに死相などないね

2/7

 

 

前より寝られなくなったと思う。逆に突然寝てしまったりもするし、寝ることそのものが下手になった。睡眠のサイクルが1日じゃなくなっていて、24時間起きて20時間寝たりしてる。さっきはうさぎに乗っかられたままこたつで寝ていて、太ももを1センチくらい火傷した。

  

直島に行って思ったことを書きたい気持ちもあるけど、いま眠れないこのかんじが、眠れないときに(オレンジ色の)電気をつけて起きていてもいい日々をおもいだす。2時とか3時に帰ってきて4時くらいまで酒飲んでぼーっとしてた。洗濯とか、ちゃんと自分でしてたはずだけどどうやって洗濯物干してたか覚えてない。部屋の間取りは思い出せるけど、例のごとく他はほとんど忘れた。一人暮らしがとても懐かしい。

 

というか、ほんとにあらゆる10年経ってしまったらしい。センチメンタルサーカスを繰り返して10年経っている…。相変わらず過去の話ばかりしてるなあ  今現在がはやく過去になってほしい…。

 

ものを落としたときに拾う動作みたいに体がもたついてる。むかつくことが更新されてばかりだけどそろそろ復讐人生みたいなことじゃなくてもっと自分の気持ちパラダイムで考えたい  16の自分がこの日記読んだら自分の気持ちパラダイムって何?  って言ってると思う  

1/25

 

f:id:anataniha:20180128002030j:image

 日記

銀座でお土産のためのちりめんじゃこと義父にあげるチョコレートを買った。

うさぎ(ぺんてる)がゲージをかじるのをなかなかやめない。歯が取れちゃうんじゃないか心配。放っておくとそのうち歯並びが悪くなりご飯を食べられなくなるらしいので早めにやめさせたい…。

 夜は銭湯に行った。やっぱり自分のことを考える。もう何年も行ったり来たりしていた道が、今度戻ろうとすると戻れなくなっていてすぐ引き返す。前より身動きできる道の範囲が狭くなった。

わたしにとっての長い時間。