読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FRUITS TIME

肉片

12/4

 

夜勤明け。

入院が5人きた。こんなに入院とったのは初めて…ヘトヘトになり帰宅。

 

みつと出かけようと約束してたので寝て起きて17時くらいから東京駅行った。

 

f:id:anataniha:20161206012334j:image

KITTEの冬  雪が降っている

 

KITTEでお互いに何か贈り合おうと話していたが、お腹が空いていたので先に千疋屋でご飯食べた。ご飯食べてしまったら時間あまりなくて全然店舗を見られなかった。みつにサボテンを買ってあげる。牧野先生の本買い直してそのまま20時になってしまう。まだ今日のぶんの時間が余ってる気がしたので東京タワーへ行った。 

 f:id:anataniha:20161206014123j:image

東京タワーの灯りは冬と夏で違っているらしい。冬の今の時期のやつがわたしが一番すき。カップルで一杯なのかなーと思っていたけど外国人観光客が多かった。

 

f:id:anataniha:20161206013042j:image

東京タワーのぬいぐるみ  

この概念にどんどん愛が膨らんでくる

 

f:id:anataniha:20161206013234j:image   

 

幾年ぶりの東京タワーだった。前に行ったときは東京のことなんにもしらなかったときで、ただただこの赤いタワーの大きさに感動していたの思い出す。一緒に行ってくれた人の横顔も覚えている。こうした時間の流れを無視したり、自分の現在時間を遮ったりすればそういった記憶のなかを行き来できてしまうようになった。わたしが生きているうちは何も無くならないと思える。時系列を無視できる。のでいまもあの頃の東京タワーに心を連れてってあげていた。

 

 

帰りにお酒買って帰った。また酔っぱらって、お風呂に入らず眠ってしまった。